PPK88Web サイトへ

お問い合わせTEL:0120-575-119
  
●過剰な延命治療を望まない方
●家族に精神的・経済的負担をかけたくない方
●人間の尊厳を最期まで保ちたい方
病気を患い不治や末期の状態になったとき、“積極的かつ過剰な延命治療を求めず、人間らしい最期を迎えたい”と望む場合、「尊厳死宣言」を公正証書として作成します。自分のためだけでなく家族のためにも必要となります。
■当法人にお任せいただくメリット
尊厳死宣言書をより良いものとするため、先行医療指示書(ACD)の作成もサポート。
ACDとは医師のカウンセリングやご家族等との事前の話し合いを通じて、ご自身の希望と医療代理人を選定し、書面に残しておくものです。尊厳死の希望と併せて具体的な指示書(更新可)を公正証書で作成しておくことで、ご本人の意思通りの終末期医療が実現します。
Pagetop