PPK88Web サイトへ

お問い合わせTEL:0120-575-119
  
●身よりのない方
●相続人の多い方
●離婚、再婚をされた方
●特定の子どもに家業を継がせたい方
●相続人以外の人に財産を渡したい方、など
「公正証書遺言」とは、公証役場で公証人が作成する遺言書のことです。遺言者ご本人が口述した遺言の内容を公証人が筆記し、ご本人と2 名の証人(利害関係のない成人)が遺言内容を承認。証人2 名と公証人が署名捺印して作り上げます。公証人が作成に関わることで、遺言内容の細かいミスを防ぎ、法律的に有効な遺言書を作ることができます。
■当法人にお任せいただくメリット
・遺言内容について専門家がアドバイスし、お客様の立場に立って公証役場との打合せや各種調整等をすべて代行しますので、時間的ご負担を軽減できます。
・遺言執行者を当法人が請け負うことも可能です。※報酬は別途相談
・大切な遺言書は、当法人提携金融機関のセキュリティーも万全な貸金庫で保管します。

ご自身で書いた遺言状に法的効力と安心管理をお約束
遺言内容アドバイス、遺言書原案作成、戸籍等の必要書類取得代行、遺言書用紙と封筒ご用意、貸金庫保管料、保管者の場合は検認手続支援まで)
※別途費用がかかるもの︓必要書類実費
■当法人にお任せいただくメリット
・専門家がアドバイスし、法的効力のある遺言書文案を作成します。
・遺言執行者を当法人が請け負うことも可能です。※報酬は別途相談
・大切な遺言書は、当法人提携金融機関のセキュリティーも万全な貸金庫で保管します。
・自筆証書遺言は、遺言者の死後家庭裁判所への検認が必要です。その際、保管者として家庭裁判所に遺言書の検認手続きをサポートし、適正かつ迅速に遺言内容を実現します。
※なお、民法改正による法務局での遺言書保管制度を利用する場合は、検認手続きは不要となります。
Pagetop